外壁塗装

雨、風、塵などによる外的要因は、年月とともに家を劣化させます。
そこで必要になるのが、外壁塗装。
建物の寿命を長く、強くする役割があり、10年に1度は必要な施工となります。

外壁のひび割れ、ペンキの剥がれ、カビ・苔、錆、チョーキング(手に白い粉がつく)などの現象を起きていたら、塗り替えが必要な時期だと言えます。

定期的にメンテナンスをすることで、家の美観が保たれ、建物の耐久性が長くなり、資産価値も高まります。

一覧に戻る

Copyright©「前山塗装」 All Rights Reserved.